ステージ6 アルコールのトリック

皆様、こんにちは。新緑の候というだけあって、緑が眩しい季節です。でも、一日の寒暖差が激しくて、体調管理が難しい季節でもあるので、気をつけていきましょう。

 

今回は和先生による「アルコールのトリック」の勉強会でした。

まず、参加者の近況を伺いました。

「この頃、ちょっと、飲みたくなる感じだったので、慌てて参加しました。」

「この季節、ノンアルコールでも飲みたいなぁと思ったりします。」

「飲みたいけど、タイソイ。」

「GWに飲み会に参加したが、アルコールを飲まずに終わって、自信に繋がった。」

また、ご家族の参加者さんから「話を聴くことで気持ちが楽になります。」

など、正直な気持ちをリラックスした感じで話してくださいました。

和先生の「アルコールのトリック」の勉強のなかで、勉強して大脳で分かっていても、感情(孤独感・苦しみ・悲しみ)を司る大脳辺縁系が不快感を埋めようと、痛み止めとしてアルコールを欲してしまうので自分の弱点を知ると、飲酒欲求をコントロールできるのかもしれませんね。

 

孤独感・苦しみ・悲しみなどの、負の感情が沸き上がってきても、呼吸を意識することで、思考のループを吹き飛ばす意味でも、瞑想を5分行うことで、卒酒会によって、たくさんのメンバーさんと時間を共有できることを幸せに思いました。

今後とも、よろしくお願いします。

This entry was posted in アルコールプログラム. Edit

  • 城西病院BLOG
  • 2019年5月
    « 4月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
This entry was posted in お知らせ.