アルコール依存勉強会(ステージ6 アルコールのトリック)

城西病院では平成20年度より当院独自の認知行動療法プログラムをアルコール依存症の患者様を対象に毎金曜日にⅠクール全12回で実施しています。
ステージ1「習慣を変える」から始まり、全ステージを通してアルコール依存症になる理由や、そこに起因する自分自身の問題点を洗い出し、これからの人生を自分自身で考えてもらうプログラムとなっています。
卒酒会は入院患者様だけでなく、退院された患者様も参加され、発言しあい互いに刺激し合える場となっています。

卒酒会での内容については、毎週ブログにアップしています。

無題

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【スタッフBLOG】

皆様、こんにちは。新緑の候というだけあって、緑が眩しい季節です。でも、一日の寒暖差が激しくて、体調管理が難しい季節でもあるので、気をつけていきましょう。

 

今回は和先生による「アルコールのトリック」の勉強会でした。

まず、参加者の近況を伺いました。

「この頃、ちょっと、飲みたくなる感じだったので、慌てて参加しました。」

「この季節、ノンアルコールでも飲みたいなぁと思ったりします。」

「飲みたいけど、タイソイ。」

「GWに飲み会に参加したが、アルコールを飲まずに終わって、自信に繋がった。」

また、ご家族の参加者さんから「話を聴くことで気持ちが楽になります。」

など、正直な気持ちをリラックスした感じで話してくださいました。

和先生の「アルコールのトリック」の勉強のなかで、勉強して大脳で分かっていても、感情(孤独感・苦しみ・悲しみ)を司る大脳辺縁系が不快感を埋めようと、痛み止めとしてアルコールを欲してしまうので自分の弱点を知ると、飲酒欲求をコントロールできるのかもしれませんね。

 

孤独感・苦しみ・悲しみなどの、負の感情が沸き上がってきても、呼吸を意識することで、思考のループを吹き飛ばす意味でも、瞑想を5分行うことで、卒酒会によって、たくさんのメンバーさんと時間を共有できることを幸せに思いました。

今後とも、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アルコール勉強会

 

■アルコール依存勉強会 お問合せ先■
城西病院 地域連携室(088-631-0181)
徳島県徳島市南矢三町3-11-23
診療科目:心療内科・精神科・神経科・内科

Posted in アルコールプログラム

卒酒会:ステージⅤ アルコール依存症とは

R1.5.10(Fri)

皆様、こんにちは。本日は新元号『令和』一発目の卒酒会。

元号とともに意識も新たに、今回はアルコール依存症について。

 

理性では理解出来ている面もありますが、どうしても不十分な面もあるのが、依存症の怖いところで、無意識に行動を起こしてしまうということも。

 

かくゆう私も、食べちゃダメだ食べちゃダメだと思いながらもついつい、間食に手を伸ばしてしまいがちなところも。

意識だけでは不十分であり、無意識の変革までが必要となっているのが、この疾患の難しいところではありますが、それでもそれを変えることは可能です。

実際にお酒から強炭酸に置き換えられている人もいるわけでして。

 

滑りだしたら止まらないものではありますが、滑るところでブレーキを掛けることも出来るものでもあります。

 

意識を変えて、新たな時代を進んでいきましょう。私もこれを機に自分を変えていくぞっ!

 

Posted in アルコールプログラム

デイケアです

みなさま、こんにちわ

新しい元号になりましたね令和元年ですよ。新しい時代の幕開けですね

心機一転、気持ち新たに、これからも自分らしく進んで参りましょう

 

さて、5月の予定表です

今月は、16日に「いちご狩り」、21日には「ボウリング」を予定しています。

今月は、外出が少し増えました。「パークゴルフ」や「外食しよう~スシロー~」に出かける予定です。外出の日は、晴れたらいいな~って思います。

 

無題

 

先月は、お花見で鴨島町の向麻山公園に行ってきました

たくさん花見客がいました。満開ではなかったですが、きれいに咲いていました

DSCN0964

 

そして、おやつ作りでは、季節の果物「いちご」を使って、パフェを作りました。

熟してて超美味しかった

DSCN0966

DSCN0971

 

そして、「男の料理教室」では、がっつり!

「天ぷら」と「お刺身」!

なんと、たくましい!

みなさん、手際よく調理されていました。

ブラボー

DSCN0979

DSCN0980

 

令和元年5月のデイケアも、料理やおやつ作り、外出にレクリエーション、茶道、手芸など盛りだくさんな内容でみなさまに楽しんでいただきたいと思います。

見学などもwelcomeですので、いつでも気軽にお越しくださいね

Posted in デイケア

アルコール依存勉強会(ステージⅣ アルコールとは?)

城西病院では平成20年度より当院独自の認知行動療法プログラムをアルコール依存症の患者様を対象に毎金曜日にⅠクール全12回で実施しています。
ステージ1「習慣を変える」から始まり、全ステージを通してアルコール依存症になる理由や、そこに起因する自分自身の問題点を洗い出し、これからの人生を自分自身で考えてもらうプログラムとなっています。
卒酒会は入院患者様だけでなく、退院された患者様も参加され、発言しあい互いに刺激し合える場となっています。

卒酒会での内容については、毎週ブログにアップしています。

無題

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【スタッフBLOG】

ステージⅣ アルコールとは?

4/26(Fri) Sun

 

さて、平成最後の卒酒会、始まりました。時が経つのは早いものですね。

本日はアルコールに関して。

アルコールの臭いって、苦手な人と大丈夫な人に分かれますが、本日はアルコールの臭いに加え、体内での分解途中の物質の臭いも嗅いでいただきました!

当然、手で仰ぎ直接は嗅がないように、ですよ。

 

定期的に参加されている方は、もう嗅がなくてもいいんじゃないか、と拒否感を見せるような臭いですが、再確認の意味も込めて、皆さんに嗅いでいただきました。

 

体内で拒否感の強いものがアルコールを飲むと作られることを改めて認識されると、意識に残る部分が強くなりますよね。

さてさて、そんな中で、アルコールの関連して発症する疾患に関して、やはり皆さんの関心は高かったですね。

何よりも自身で気づきにくいものでもあるので、どうすればいいんだろうという不安が強いようですね。

 

それを防ぐには、お酒を止めて、定期的な受診や検査が必要であるということを、しっかりと心に留めておいてほしいな、と思いました。

止めるときの理由なんて、どんなものでもいいのです。身近に感じたことをどうにかしたいといったものでも、自身のモチベーションにつながれば、なんでも構わないのです。

 

さて、次回は、新元号『令和』となって最初の卒酒会です!

気分も新たに、新元号を機に生活を改めてみてはどうでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アルコール勉強会

 

■アルコール依存勉強会 お問合せ先■
城西病院 地域連携室(088-631-0181)
徳島県徳島市南矢三町3-11-23
診療科目:心療内科・精神科・神経科・内科

Posted in アルコールプログラム

職場見学会を開催いたします。

 

 

4月20日、5月4日、5月18日に職場見学会を開催いたします。

無題

 

◆職場見学会内容◆
8:30-8:45 受付・手続き

8:45-9:00 チェックインミーティング
(職場見学のメンバーやスタッフと気軽にコミュニケーション)
CIMG1904
9:00-9:30 診療連絡会見学(朝の全体会議の見学)renraku
9:30-10:30 職場見学・職場体験
(先輩職員が各職種に分かれて、職場見学・職場体験を実施いたします。)

外来待合ロビー DSC00173 - コピー

ナースステーション 無題

 

 

10:30-11:15 作業療法参加
(当日はアロマスプレー作りを体験します。)

無題 無題

 

 

11:15-12:00 こころの医療働き方セミナー
(精神医療、当院役割、将来のビジョンを説明します。)

image1

令和元年7月完成の新棟についての話も行います!
01無題

 

 

◆こころの医療働き方セミナー◆

日時:4/20(土)、5/4(土)、5/18(土)

場所:城西病院(徳島県徳島市南矢三町3丁目11-23)
※1F総合受付へお越しください

参加資格:精神科医療に興味をお持ちの方

対象:看護師 准看護師等

お問い合わせ・お申し込み
〒770-0005 徳島市南矢三町3丁目11-23
電話:088-631-0181(城西病院 総務部  中内)
E-Mail:johseihp@johsei-hp.jp(メールでの応募も可能です。)

※お問い合わせ・お申し込みは上記担当までお気軽にご連絡ください。

Posted in 城西病院